70歳の暮らし

終わりが見えてきた今、どれだけ自分らしく暮らせる?

手放す

たった一つの赤系のもの
最近これを巻くと顔に合わない
そうと決まると置いておくことができない
これは何年も前から愛用してきたからまぁ~いいけれど
買ってすぐに失敗に気づき放り投げたことが数えきれない
気が短いのか
納得いかないと我慢できないのだ
特に服にその傾向が強い
性懲りもなく無駄をしてきた
服を買う時はいつも 
これを着て会う人を想像する
いわゆる見栄っ張りでした
そんな過去を思うと胸の奥がズキンとする
今残ってる服は似合っていて気持ちが落ち着く服だ
毎日ほとんど同じ服装
まったくやっと・・遅いよ






巨人の坂本選手の衝撃の新打法は
目線のぶれが抑えられるらしいです
果たしてどうか・・・










×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。