70歳の暮らし

終わりが見えてきた今、どれだけ自分らしく暮らせる?

本「図書館の神様」

瀬尾まい子の「図書館の神様」を借りるのは何回目だろう
急に読みたくなって一番借りてる本だ
本の中の高校三年生の垣内君に会いたくなる
なんてことはない好きな「冷静で淡々」そんな台詞がいっぱい
ラストの卒業式での垣内君のスピーチにいつも涙ぐんでしまう


三谷幸喜監督の映画「ラジオの時間」を一人で映画館で観たとき
あまりの可笑しさに笑いが止まらず
こらえていたら変な声を出してしまったことがあった
それを仲良しの友達に話したら
数年たってテレビで観たらしい
「いったいどこで笑ったの?そんなに笑えなかった」と言われた
人はみんな好みが違う
だから
この「図書館の神様」の本のことは誰にも話していない
でもたぶん又借りる本だ







阪神の鳥谷選手 今度はセンター挑戦
鼻を骨折したのに試合を休まなかった男だ

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。